前へ
次へ

葬式に付随してかかる費用や手続き

最近は時代の流れを反映する形で簡素な葬式で済ます方が増えており、火葬だけのプランや一日葬と言った費用も時間も抑える傾向があります。
しかしながら、実際に葬式を執り行うとなると、葬式そのものにプラスアルファー必要な手続きや費用がかかる事も、踏まえておかなければなりません。
一番大きな費用を見越しておかなければならないのは、通夜葬儀の時の僧侶へのお布施が挙げられ、伴僧がある場合にはその分も必要となります。
その他は花やお供え物、通夜の時の飲食にかかる費用、香典返しなども見越しておく必要がありますが、これは葬儀会社に一括して精算するケースが増えています。
必要な書類は死亡届と埋火葬許可証があり、死亡地、本籍地、居住地いずれかの役所へ申請をして取得する事が必要となりますが、これは葬儀会社が代理人となり所得する事も、可能となっています。
また、最近では終活ブームもあり、生前予約で割引特典を謳う葬儀会社もあります。

Page Top