前へ
次へ

お葬式が催される際の流れについて

日本では、親族や友人知人など、人が亡くなった際にはお葬式をすることになっております。
お葬式をすることで、故人の身内の方々にとっては1つの区切りをつける為、また参列する方々にとっては故人との最後のお別れの挨拶をする為など、様々な意味を持って開催されています。
葬式の大体の流れについてですが、まずは案内や連絡がきますので、予定が入っていても出来る限り優先して参列するようにしてください。
当日は、喪服を着用して数珠と香典を準備しましょう。
香典辞退など、必要ない場合もありますので、その辺りはお知らせをしっかりと確認しておいてください。
会場に着いたらまずは受付で記帳をします。
その後、お坊さんや故人の身内の方からの挨拶やお話があり、お焼香をあげることになります。
お葬式後には、友人や知人が招かれて会食をすることもあります。
葬式の流れについてはこのようなものになっています。
参列する際には、マナー違反のないように、しっかりとした態度で参列するようにしてください。

Page Top