前へ
次へ

家族葬を希望する人が増加しています

現代はお葬式に関する考え方も変わっており、70代、80代ぐらいの高齢者は、家族や親族だけでアットホームな雰囲気の中で行う家族葬を希望している人が増えています。
家族葬は一般葬に比べると参列する人の数が少ないですが、お通夜や告別式を行うので一般的な葬儀とは内容はほとんど変わりません。
お子様や孫に精神的、経済的な負担を減らしたい人が増えており、お通夜を行わない一日葬を行うご家庭も増えています。
地元で評判の高い専門業者を選ぶと、親身になって相談に乗ってくれるので、最適な葬儀のプランを選ぶことが出来ます。
マンションなどの狭い家で生活をしている人は遺体を安置する部屋がない場合が多いですが、安置室も完備されているので、大切に預かってもらえます。
どれぐらいの費用が必要なのか知っておきたい人が多いですが、家族葬の場合は80万円から、120万円前後になっています。
費用を抑えたプランも利用できますし、手厚い供養をしてもらえます。

Page Top