前へ
次へ

一般的な通夜の手順や進行について

通夜には僧侶を呼んで読経をしてもらいます。
通夜の席次には特に決まりはありませんが、一般的には、祭壇に向かって右奥から喪主、遺族、近親者と、血縁の近い順に座ります。
左側には葬儀委員長や世話役代表、親しい友人、知人、会社関係の順に座ります。
通夜の進行は、一、僧侶が到着したら、祭壇や供物の供え方を点検してもらい、着替えのため控室に案内します。
二、喪主と世話役が僧侶に挨拶し、茶菓でもてなしながら、読経の時間などの打ち合わせを行います。
三、通夜の参列者がそろったところで僧侶が入場し、読経を始めます。
四、僧侶の読経が終わると、続いて僧侶の法話があります。
五、僧侶が焼香し、続いて喪主、近親者、一般の弔問客の順で焼香します。
焼香に時間がかかりそうなときは、読経の間に弔問客が順次焼香をすることもあります。
六、焼香が一通り終わったところで、僧侶が退場します。
七、喪主か親族代表、あるいは世話人代表が挨拶をします。
挨拶はなるべく簡単にします。
八、着替えを済ませた僧侶と、参列者を酒食でもてなす「通夜ぶるまい」をします。
会場が狭い場合、焼香を終えた順に通夜ぶるまいの席についてもらい、後から喪主が挨拶をする場合もあります。
 以上が、一般的な通夜の手順、進行になります。

Page Top