前へ
次へ

葬式に参列する際に知っておきたいこと

葬式は、正確に何を指すのか疑問に思う人も多く、大きな理由としては葬儀や告別式といった表現がなされていることがあります。
故人を弔う儀式として認識はされているものの案内に葬儀と記されることもあり、何が異なるのか知っておくことが大切です。
まず、表現としては葬儀を葬式と呼ぶ場合と、亡くなってから火葬に至るまでの全てを葬式とする場合があります。
一般的には告別式も含めての内容になっており、通常、葬儀を経て告別式、火葬、精進落しという流れになります。
但し、正確には告別式は宗教的な儀式を含まない葬式を指し、ここでは弔事や故人への別れの言葉など、喪主の挨拶などが行われます。
宗教的な儀式とは、読経や祭祀が行われる故人と宗教者による儀式を指します。
葬式では参列の判断に迷うことがあります。
代表的なケースとしては案内に参列を望まない記載が行われている場合、直葬、家族葬などがあります。
これらの場合は、まず、参列する機会は無いと考えておく必要があり、どうしてもしたい場合には必ず遺族に確認を入れることが大切になります。

Page Top